これまでの公演

これまでの公演

極東退屈道場#006「ガベコレ --Garbage Collection」


特設サイトはこちら>>>

日時
大阪公演:2014/12/6(土)〜12/11(木)
札幌公演:2015/1/10(土)〜1/11(日)
場所
大阪公演:ジャングルインディペンデントシアター1st
札幌公演:シアターZOO
作品紹介
大阪、南港に浮かぶ巨大な人工島「舞洲」に建つ奇抜な外観のゴミ焼却施設からスタートし、オリンピック、市民マラソンへの熱狂などを絡めながら、実際に行ったフィールドワークをもとに「都市」のありさまを演劇化する。

町に描いた未来予想図が、生活という手アカにまみれて現実の手に渡ったとき、いつのまにか変わった風景に我々の記憶は鈍麻され、かつての建物あるいは更地の以前にあった物語の履歴は上書き保存され消えてしまった。
それはまるで、決して白昼白日のもとを闊歩することのない最先端のファッションショー。
「計画」は町のデフラグ、アンダーコントロール。
繰り広げる「生活」は物語のメモリ、アウトオブコントロール。
それはいつか砂になる。
町のメモリ解放、「ガベージコレクション」。
砂をまとった町のファッションショー、「ガベコレ」。
作・演出
林慎一郎
振付
原和代
出演
あらいらあ、小笠原聡、門田草、後藤七重、猿渡美穂、ののあざみ
感想まとめ
< ◎大阪公演感想まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141819436216770101

◎札幌公演感想まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142102668230232301
プロモーション動画
公演写真(撮影:清水俊洋)

一覧へ戻る

極東退屈道場は、劇作家・演出家の林慎一郎が主宰する演劇ユニットです。
2007年7月「延髄がギリです。」にて、活動開始。 公演ごとに俳優を集める、個人プロデュースの形態をとっています。
「都市」を題材に、取材(主に散歩)した情報に基づき、膨大なモノローグと映像やダンスを用い「報告劇」として立ち上げている。
都市に対するその独特な切り口と、愛すべき都市生活者たちの人物造形が特徴。
そのテキストが注目され、劇作家として他演出家や他ジャンルとの作業も積極的に行なっており、最近は能☓現代演劇における能楽師とのコラボレーションも注目されている 。
『サブウェイ』で第18回(2011年)OMS戯曲賞大賞、『タイムズ』で第20回(2013年)OMS戯曲賞特別賞受賞。『PORTAL』で第61回岸田國士戯曲賞最終選考。